京都丹後クラフトビール情報

京都最北部のクラフトビール「京都丹後クラフトビール」とは?クラフトビールの歴史から解説します。

京都丹後クラフトビールとは?
クラフトビールの歴史から解説致します




突然ですが、皆様はクラフトビールをご存知でしょうか?ビール好きなら、最近人気のクラフトビアバーですでに飲みなれている方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、クラフトビールは、アメリカで一大ブームを巻き起こしたあと、日本にもじわりじわりとファンが増え、醸造所も各地にできつつあるのです。

しかしながら、日本国内市場でのシェアは1%にも満たない、まだまだ「ビール好きのためのビール」でもあるのです。そんなクラフトビールの世界についてここでは簡単に説明させて頂きます。 






そもそも「クラフトビール」とは?





一般的にビールと言えば、大手メーカーのCMでおなじみの”ビール”を連想する方が多いのではないでしょうか? 

クラフトビールは、1994年に酒税法が改正され、ビール年間製造量がそれまでの2000klから60klに引き下げられ、規制が緩和されたため、全国各地に小規模で地域密着型の醸造所(フルワリー)がたくさん出来たため、それら独自の地ビールが生産されるようになりました。 

地ビールは「クラフトビール」または「マイクロブルワリー」とも呼ばれます。そのような醸造所は全国で100以上にも上りますが、各醸造所とも、独自の”スタイル”と呼ばれるオリジナルビールの種類を考案し、味と品質を高めています。醸造所の数だけオリジナルのスタイルがある、ともいえるでしょう。 

近年ではビールの世界大会で数々の賞を受賞する日本のクラフトビールも増えてきました。ビール職人が製法にこだわり、丁寧に丹精込めて醸造したビールは、そのクラフトマンシップに敬意を表し「クラフトビール」と呼ばれます。 

工芸品のように手仕事で丁寧に仕上げられたビールは、近年ブームともなっており、確実にファンをつかんでいます。手軽にクラフトビールを楽しめるレストランやクラフトビアバーも増えつつあり、ビール好きだけでなく、広い世代の方が楽しめる新しい味としてメジャーになってきているのです。 




京都のクラフトビールの歴史・特徴






京都風景


昔から良い水、良い酒で知られる京都には1995年頃から地ビール醸造がスタートしています。日本酒醸造からスタートした「黄桜麦酒」「京都町家麦酒(キンシ正宗)」「周山街道ビール(羽田酒造)」、外国人の方が立ち上げた「京都醸造」、そして私達のいる丹後王国「食のみやこ」などの醸造所があります。 


千年の都、京都には、国際的にも高く評価されている職人の手仕事の歴史と伝統、季節や質、味を大切にする繊細さがあり、クラフトビールの品質も大変高く評価されています。またおいしいもの好き、味にこだわるお客様たちの厳しい選択眼や評価に鍛え上げられながら、クラフトビール醸造所は切磋琢磨してきたのです。 

つい先日、大手メーカー、キリンホールディングスが、東京・横浜に続き、京都市内にクラフトビール専門店を立ち上げるとのニュースが発表され、注目を集めているホットなエリアでもあるのです。 






ギフトにも人気 京都丹後クラフトビールの特徴









丹後王国「食のみやこ」で醸造している丹後クラフトビールの自慢は、ビールの本場ドイツ人の師のもとで修業し、20年間ビールを作り続けているブリュワーの山口さんです。彼は日本人ながら、2013年には国際品評会、インターナショナル・ビア・コンペティションで金賞を受賞し、腕が認められた醸造家でもあります。 



山口さん
(ビール職人の山口さん)



特にラオホタイプの「スモーク」ビール、丹後コシヒカリをブレンドした「マイスター」は高く評価されているビールで、国内のビール好きの皆様にも愛されているビールです。 


現在、道の駅丹後王国「食のみやこ」の醸造場では、通年7種類のクラフトビールを楽しめるようにビール製造・販売をおこなっております。
また京都市内や都内での販売ほか、飲食店などクラフトビールを召し上がっていただけるエリアも増えております。 


勿論、ご自宅でも気軽に自慢のクラフトビールを召し上がっていただいたり、大切な方への贈り物としてお届けできるよう、インターネットでの通信販売も行っております。1本から発送でき、3本入り、5本入り、ケース単位(24本入り)と、お客様のご用途に幅広く対応できるようラインアップをそろえております。 



(丹後クラフトビール 7本セット)




各商品ページでは、各ビールにおすすめの料理も紹介させていただいていますので、是非ご参照くださいませ。 


丹後クラフトビール 7種の味の 一覧はこちらより




また、弊社では人気の「京丹波高原豚100%使用 自家製ソーセージ」もご用意しておりますので、ビールとソーセージのベストマッチをあわせてご賞味いただければ幸いです。 




京丹波高原豚 自家製ソーセージ5袋セット 




世界的にも珍しい「姫」が彩る京都丹後クラフトビール





丹後クラフトビールのもう一つの特徴は、モダンな和の粋を感じさせるカラーリングに、丹後七姫をデザインしたオシャレなパッケージです。


丹後七姫とは、弊社の所在地、京都・丹後地方にゆかりのある伝説のお姫様七人で、乙姫(おとひめ)、羽衣天女(はごろもてんにょ)、穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)、細川ガラシヤ、小野小町(おののこまち)、安寿姫(あんじゅひめ)、静御前(しずかごぜん)となります。歴史ある京都のクラフトビールならではの趣を目でもお楽しみいただけることでしょう。 


七姫








東京でも京都丹後クラフトビールが飲めるお店






東京近郊では、東京タワー内の「タワーズダイナー」にて、実際に「丹後クラフトビール」を召し上がっていただけます。東京の夜景を見ながら、おいしいお料理とともにあれこれとお楽しみいただけます。絶景クラフトビール、お楽しみいただければ幸いです。 


東京の夜景





いかがでしたでしょうか?


これで少しでもクラフトビールについて、興味をお持ち頂けますと幸いです。

また2017年5月には京都市内にて、クラフトビール祭りに出店予定です。

詳細が発表次第、こちらは告知させて頂きますので普段丹後にはなかなかいけない!という方も、気軽にご参加頂ければと思います。

以上通販担当でした。




メルマガ登録

モバイルサイト



京都丹後の通販サイト、丹後王国「食のみやこ」の公式通販です。

こんにちは!
丹後の魅力や丹後王国「食のみやこ」のおススメ情報をお伝え致します!!
店長日記はこちら >>

丹後王国食のみやこ

ホテル丹後王国

パソナグループ


京都のブランド豚肉使用 丹後王国道の駅自家製ソーセージ

海の京都、丹後の観光情報

京都丹後の旬なお米や野菜紹介

京都丹後クラフトビール情報

ページトップへ