お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

京都でもクラフトビールで良く聞くIPAとは?

クラフトビールで良く聞くIPAとは?



こんにちは。丹後王国こだわり市場通販担当です。

ご存知の通り、こだわり市場のメインの商品は【丹後クラフトビール】ということで、クラフトビールについての問い合わせを良く頂きます。

そしてクラフトビール通からもっとも多い問い合わせは【IPA】はないのか?という質問です。

おそらくクラフトビール好きではない限り一般的な言葉でもありませんが、バーなどで聞いたこともあるのではないでしょうか?

ここでは簡単に、次にお店で見かけたくなるような【IPA】についてお伝え致します。



IPAとは India Pale Aleの 略






クラフトビール


早速答えを言うと、IPAとはIndia Pale Ale の略です。その名の通り、【エール】タイプのビールの関係なのですが、簡単にいうと【苦くて濃い】エールタイプのビールということです。


普段余りクラフトビールを飲まない方でも、【エール】や【ラガー】という言葉は聞いたこともある方も多いのではないでしょうか?

丹後クラフトビールでも、ロンドンエールやアンバーエールなどがまさにこの【エール】タイプに属しますが、ラガータイプとの違いは【上面発酵】か【下面発酵】との違いから来ます。

良くわかりませんね(笑)

ざっくり簡単に言うと香やコクが強いビールがエールタイプなのですが、このペールエールがつまり【濃い】エールタイプのビールということです!



IPAの India はインドと関係があるの?






インド


IPAがIndia Pale Ale の略というのはわかって頂けたかと思いますが、ではindia はどこから来たのでしょうか?


そのまんまではありますが、インドと関係があります!



その昔ビールをインドに輸出していた際に、保存させるためにホップを多く入れた、苦みが豊かなビールが使用されていました。

これがIPAの由来だと言われています。

クラフトビール ホップ

(ホップ)

今日でも香や苦みが強いペールエールタイプのビールに所属しますが、クラフトビール好きの中でも人気のある種類の1つです。




丹後王国クラフトビールの中の人気のエールタイプは?






丹後王国「食のみやこ」では今はまだIPAは醸造していませんが、職人の山口さんもいつか作りたい!というビールの1つです。



IPA好きな方には、【濃い】エールタイプのビールであるアンバーエールなどを良く選ばれております。


京都丹後 クラフトビール アンバーエール




もちろん、IPAを醸造した際にはお伝えいたしますので、ぜひ完成をもう少しお待ちくださいね^^

以上丹後王国こだわり市場でした。





メルマガ登録

モバイルサイト



京都丹後の通販サイト、丹後王国「食のみやこ」の公式通販です。

こんにちは!
丹後の魅力や丹後王国「食のみやこ」のおススメ情報をお伝え致します!!
店長日記はこちら >>

丹後王国食のみやこ

ホテル丹後王国

パソナグループ


京都のブランド豚肉使用 丹後王国道の駅自家製ソーセージ

海の京都、丹後の観光情報

京都丹後の旬なお米や野菜紹介

お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

ページトップへ