お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

日頃の感謝のギフトにあの人に「クラフトビール」を贈りませんか?

日頃の感謝を込めてお中元に
クラフトビールを贈りませんか?


今までのお中元ギフトの定番は?


夏の贈り物といえば、何を思い浮かべますか?

人気があるのは、旬の味を集めたグルメギフトや、ドリンクセット、洋菓子など夏らしい品物から、定番商品でもある洗剤や油などの実用的なものではないでしょうか。

中でもこの時期にはずせないのはビールかもしれません。

最近は、仕事や親戚づきあいがメインの夏の贈り物が、家族や友人への贈り物へと中心が移りつつあるようです。その目的は「日頃の感謝」が一番となっています。

より近しい相手であることから、感謝を伝えると同時に相手に重荷にならないように カジュアルな「ギフト」として贈るという人も増えているようです。親しい間柄であるからこそ、今年はちょっと上質なもの、面白いものを選んでみようと考えていらっしゃる方も多いではないでしょうか。



ビールにはたくさんの種類があるって
ご存知でしたか?


夏だからこそ、贈り物にビールを選ぶ方は多いですよね。

「ビール」といえば、すぐに味を思い浮かべることができると思います。なぜなら、日本の大手ビールメーカーが製造している、よく私たちが飲むビールというのは「ラガービール」に分類されるビールだからです。

クリーミーな泡と「キレ・コク」が特徴で、冷たいとたくさん飲めてしまうタイプです。ラガー系のビールしか飲んだことがないという方も多いのではないでしょうか。


一方「エールビール」という種類をご存知の方もいるかもしれません。泡が少なく麦芽の甘みと香ばしさが特徴で、うまみを味わうじっくり飲みに最適なビールとされています。

「ラガー」と「エール」の違いは発酵です。

「ラガー」は低温でゆっくり発酵させて、発酵が終わるとタンクの下の方に酵母が沈むので下面発酵と呼ばれ、

「エール」は常温で短期間に発酵させたビールで、こちらは酵母が上面に浮き上がってくるので上面発酵と呼ばれています。

そこからさらに、原材料や醸造方法の違いによってラガー系ビールである「ピルスナー」、

エール系ビールの「ペールエール」

など個性的な味わいのビールへと分かれていくのです。


私たちがいつも飲んでいるビールはラガー系で、それぞれに個性は多少あるけれど味や色はほぼ同じようなビール。エール系のビールはあるけれどもほとんど知らないというのが現状です。


クラフトビールってなに?


クラフトビールとは、小規模工場で多彩な製法を使い、腕の良い職人によって生産されたこだわりのあるビールのことです。

製法で醸造、色や味わいに個性的な特徴をもち、種類の豊富で高品質な本格ビールだからこそ「手工芸品」に例えてクラフトビールと呼ばれるようになりました。

最近は地域性や個性といった価値観をより追求し、国内でも様々な商品が開発され固有ブランドとして扱われています。

個性的な本格ビールが多種類あるのも魅力の一つですが、同じスタイルでもブルワリー(醸造所)が違えば、まったく味が違うというのもクラフトビールの特徴と言えます。

クラフトビールを飲み比べてみた結果、自分の好みがわかってしまうと「とりあえずビール」とは言えなくなってしまうかもしれません。

またクラフトビールは、職人のこだわりがつまった本格ビールだけにパッケージや外見も目を惹く商品が多く、カジュアルなギフトにしても十分存在感があます。



クラフトビールを貰って・贈ってお互い嬉しい



もし、クラフトビールをセットでいただいたとしたら、ビールに合う料理やおつまみだけでなくグラスを選んだり、「誰と、どこでどんなふうに飲もうか」と考えたりしてしまうのではないでしょうか。

気の合う仲間とクラフトビールを楽しむパーティーを開くのもよいし、 夜、一人で楽しむのもよいでしょう。

贈り主に感謝しながら、豊かな時間を過ごすに違いありません。見た目が華やかなので、SNSに投稿したり、写真を撮ったりする楽しみにもなるはずです。また、自分へのご褒美にもちょうど良いかもしれません。

高品質でありながら、肩に力の入らないギフトとして最適ではないかと感じます。贈り物に「クラフトビール」を選んでみてはいかがでしょうか。




メルマガ登録

モバイルサイト



京都丹後の通販サイト、丹後王国「食のみやこ」の公式通販です。

こんにちは!
丹後の魅力や丹後王国「食のみやこ」のおススメ情報をお伝え致します!!
店長日記はこちら >>

丹後王国食のみやこ

ホテル丹後王国

パソナグループ


京都のブランド豚肉使用 丹後王国道の駅自家製ソーセージ

海の京都、丹後の観光情報

京都丹後の旬なお米や野菜紹介

お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

ページトップへ