お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

今年のお中元ギフトにクラフトビールを贈る理由

今年のお中元にクラフトビールを贈る理由




今までのお中元のギフトで贈ったもの




いきなりではありますが、今までにどのような物をお中元で贈ったことがありますか?

私はメロンやマスカットの旬の果物やパイナップルなど地元で生産している果物、カツオのタタキなどを贈ったことがあります。

他には保存や日持ちがする商品でビールなども贈ったことがあります。

色々と贈ったことがありますが、一番贈ったことがあるのはビールが多いですね。



どうしてビールを贈る機会が多いのでしょうか。

その1番の理由は贈る相手がビール好きな事が多いからです。


また保存も冷蔵庫に入れなくてもよいのでお中元をたくさんもらう方に贈っても冷蔵庫に入れることなく置いておくことが出来るので、贈る側も安心して贈ることができるので選ぶことが多くなります。





最近のクラフトビールについて


最近スーパーやコンビニエンスストアでも見かける機会が増えたビールがありますよね。

そうです。「クラフトビール」です。


クラフトビールは1960年代ごろかアメリカ合衆国でクラフトビールの人気が高まり、現在では全米で2000以上のブリュワリーがクラフトビールを生産するまでになっています。

1994年日本でもビールの規制緩和によって、ビールの最低製造数量基準が引き下げられました。そのため、地域密着や小規模醸造のビール会社のビールが色々な場所で作られました。観光地などでもよく見かける「地ビール」です。私の住んでいる地域でも「道後ビール」と言う商品が販売されているのを見かけます。


数年前に一時期地ビールブームもあったことからたくさんの地ビールを見かける機会が多かったです。私も観光地に行った際にはせっかくだからと何度か飲んだ記憶があります。

しかし地ビールには「お土産用」のイメージや地ビールの乱立、発泡酒などによりだんだん下火になってしまいました。

そこで地ビールの生き残りをかけて作られたビールが「クラフトビール」になります。



2000年代初めに地ビールの会社が生き残りをかけて地ビールにさらに品質を重視して作られ、名前も一新して「クラフトビール」として売り出されました。

最近ではお酒を飲む場でもみんなが同じお酒を飲むというというより自分の好みのお酒を飲むという人が増えてきています。クラフトビールはのどごしを重視したものやフルーティーな物、苦みがあまりないものなど多種多様にあります。クラフトビールはそういった自分の好みにあったビールを飲みと言う人のニーズに合い、日本でも今クラフトブームになってきています。



クラフトビールをお中元に贈ろうと決めた決め手


今まではビールを贈ることが多かったですが、定番すぎて少しマンネリになっているなぁと感じていました。そんな時知ったのがクラフトビール。種類も多く色々な味わいのビールがあるということを知りました。

正直今までは贈る相手の好みや趣向など考えることなくお中元を贈ってしまっていることがほとんどでした。しかし大切な相手に贈るお中元だからこそ、たくさんあるクラフトビールの中から選りすぐりのものを選んで贈りたいと思いました。


お中元ははるか昔、飛鳥時代推古天皇の時代からある習慣と言う説もありします。遠い昔から受け継がれてきたおざなりにすることなく大切にしていきたいなぁと改めて思いました。お中元にも色々と細かいマナーなども飛鳥時代推古天皇の時代からある習慣と言う説もありします。遠い昔から受け継がれてきたおざなりにすることなく大切にしていきたいなぁと改めて思いました。


お中元にも色々と細かいマナーなども色々とあるかもしれませんがまずは贈る相手のことを一番に考えてお中元を贈りたいですね。




メルマガ登録

モバイルサイト



京都丹後の通販サイト、丹後王国「食のみやこ」の公式通販です。

こんにちは!
丹後の魅力や丹後王国「食のみやこ」のおススメ情報をお伝え致します!!
店長日記はこちら >>

丹後王国食のみやこ

ホテル丹後王国

パソナグループ


京都のブランド豚肉使用 丹後王国道の駅自家製ソーセージ

海の京都、丹後の観光情報

京都丹後の旬なお米や野菜紹介

お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

ページトップへ