お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

クラフトビールが「お中元のギフト」としても人気が高まっている

クラフトビールが「お中元ギフト」としても人気が高まっている

【今までのお中元・ギフトの定番は?】



今までのギフトと言えばどのような物が思い浮かぶでしょうか?

今の時期、お中元の売場では季節商品のそうめんやジュース、ゼリー、桃やメロン、ブドウなどの旬の果物などよく見かけます。




そして、忘れてはいけないのがビールですね。

お酒好きの送り先では夏はビールだと相手が喜ばれると言う理由や、「暑気払い=喉の渇きを癒すビール」と言うイメージがあるためビールを贈る場合など様々な理由からビールを贈ることが多いようです。


様々な理由からビールはお中元には人気で、ギフトにオススメや定番のランキングでも常に上位に入っています。

【缶とは違う、クラフトビールの個性と特徴について】











まず、缶ビールと瓶ビールは何が違うのでしょうか?

器の素材が違うために中のビールにかかる圧力が違うために味に違いが出てくると昔は言われていたようですが、今は同じものが詰められています。

では何が違うのでしょうか?

缶ビールも瓶ビールもグラスに注いで飲む場合、よく見てみると注ぐ際の出方や勢い、出てくる量も違います。その微妙な違いがビールの風味に違いが出てきているのかもしれません。

缶ビールはグラスに注ぐ際に勢いよく出てきます。私も気をつけて注がないとグラスからビールがこぼれてしまった経験が過去に何度もあり、もったいない思いをしたことがあります。


話を戻しますが、勢いよく出てくるために比較的に泡が荒くなってしまい、炭酸も少し抜けてしまいます。

しかし瓶ビールは注ぎ口が細くなっているために勢いが軽減されて静かに細く出てきます。そのため泡が立ちにくく炭酸が残りしっかりとした味わいが感じられます。

品質を重視して作られるクラフトビールはのどごしや味わいにこだわりが詰まっています。多くの醸造所がグラスに注いて飲むことを推奨しています。

また様々な地ビールの会社などがクラフトビールを発売しています。大手ビールと違って生産量も少なくそのため金額も少し高くなっています。


飲む際に品質が落ちることなく飲むことが出来る瓶ビールの方が缶ビールに比べて飲む際に雰囲気も出て高級感も感じられるので、クラフトビールには瓶ビールのものが多くあるのかもしれません。



【クラフトビールを贈って嬉しい人】









ではどのような人にクラフトビールがオススメなのでしょうか?

まずお酒が好きな人には欠かせないでしょう。特にビールが好きな人にはもってこいのギフトになるはずです。

次に食べ物にこだわりがある人にもおすすめです。クラフトビールは材料や味などにこだわりを持って作られています。クラフトビールの種類によってはお肉料理に合うように作られたものや魚料理に合うように作られたものなどもあります。贈る相手がどのような食事スタイルが好みかに合わせたクラフトビールを贈るのもよいかもしれません。

そして最後におすすめの理由は、お酒は好きだがビールは少し苦手と言う人にオススメです。最初の理由と逆になってしまいますがクラフトビールにはビール本来の苦みを抑えて飲みやすくしたものやフルーティーな物があります。今までビールが苦手だった人でもこのビールなら飲むことが出来るという人もいるはずです。

このような理由でクラフトビールは贈ると喜ばれるでしょう。

今年のお中元ギフトにクラフトビールを贈る理由

今年のお中元にクラフトビールを贈る理由




今までのお中元のギフトで贈ったもの




いきなりではありますが、今までにどのような物をお中元で贈ったことがありますか?

私はメロンやマスカットの旬の果物やパイナップルなど地元で生産している果物、カツオのタタキなどを贈ったことがあります。

他には保存や日持ちがする商品でビールなども贈ったことがあります。

色々と贈ったことがありますが、一番贈ったことがあるのはビールが多いですね。



どうしてビールを贈る機会が多いのでしょうか。

その1番の理由は贈る相手がビール好きな事が多いからです。


また保存も冷蔵庫に入れなくてもよいのでお中元をたくさんもらう方に贈っても冷蔵庫に入れることなく置いておくことが出来るので、贈る側も安心して贈ることができるので選ぶことが多くなります。





最近のクラフトビールについて


最近スーパーやコンビニエンスストアでも見かける機会が増えたビールがありますよね。

そうです。「クラフトビール」です。


クラフトビールは1960年代ごろかアメリカ合衆国でクラフトビールの人気が高まり、現在では全米で2000以上のブリュワリーがクラフトビールを生産するまでになっています。

1994年日本でもビールの規制緩和によって、ビールの最低製造数量基準が引き下げられました。そのため、地域密着や小規模醸造のビール会社のビールが色々な場所で作られました。観光地などでもよく見かける「地ビール」です。私の住んでいる地域でも「道後ビール」と言う商品が販売されているのを見かけます。


数年前に一時期地ビールブームもあったことからたくさんの地ビールを見かける機会が多かったです。私も観光地に行った際にはせっかくだからと何度か飲んだ記憶があります。

しかし地ビールには「お土産用」のイメージや地ビールの乱立、発泡酒などによりだんだん下火になってしまいました。

そこで地ビールの生き残りをかけて作られたビールが「クラフトビール」になります。



2000年代初めに地ビールの会社が生き残りをかけて地ビールにさらに品質を重視して作られ、名前も一新して「クラフトビール」として売り出されました。

最近ではお酒を飲む場でもみんなが同じお酒を飲むというというより自分の好みのお酒を飲むという人が増えてきています。クラフトビールはのどごしを重視したものやフルーティーな物、苦みがあまりないものなど多種多様にあります。クラフトビールはそういった自分の好みにあったビールを飲みと言う人のニーズに合い、日本でも今クラフトブームになってきています。



クラフトビールをお中元に贈ろうと決めた決め手


今まではビールを贈ることが多かったですが、定番すぎて少しマンネリになっているなぁと感じていました。そんな時知ったのがクラフトビール。種類も多く色々な味わいのビールがあるということを知りました。

正直今までは贈る相手の好みや趣向など考えることなくお中元を贈ってしまっていることがほとんどでした。しかし大切な相手に贈るお中元だからこそ、たくさんあるクラフトビールの中から選りすぐりのものを選んで贈りたいと思いました。


お中元ははるか昔、飛鳥時代推古天皇の時代からある習慣と言う説もありします。遠い昔から受け継がれてきたおざなりにすることなく大切にしていきたいなぁと改めて思いました。お中元にも色々と細かいマナーなども飛鳥時代推古天皇の時代からある習慣と言う説もありします。遠い昔から受け継がれてきたおざなりにすることなく大切にしていきたいなぁと改めて思いました。


お中元にも色々と細かいマナーなども色々とあるかもしれませんがまずは贈る相手のことを一番に考えてお中元を贈りたいですね。


今までにないようなビールをお中元のギフトに

今までにないようなビールをお中元に

【今までのお中元の定番とは】



お中元と言えばどのような商品を思い浮かべるでしょうか?

私は今までいただいた中元の中で変わっている物と言えば鯛の窯焼きや明太子と出汁の詰め合わせと言ったお中元をもらったことがあります。

しかしよくいただくお中元と言えば、メロンやブドウなどの旬の果物、お菓子の詰め合わせ、ハムやソーセージなどの加工食品、そしてお酒などはよくいただきますよね。


特にお酒の中でもこれからの暑い季節にぴったりなビールなどは人気のお中元商品だと思います。



でもなぜビールは定番でありながら人気なのでしょうか?


やはり、常温で保存が可能で日持もする点などが人気の理由でしょう。また相手が好きだからと言う理由や相手からの希望でと言う理由で送っている場合もあるようですね。

このように様々な理由でお中元にビールを送ることは人気なようです。



定番だけと新しい定番の贈り物を


いつも送る先にいつも通りのビールを送る。定番ではずれはないですが少し面白みがありませんよね。

「今年はいつもと少し違うお中元を贈りたい!」

そんなときのお勧めの商品が「クラフトビール」です。



「クラフトビール」初めて聞くなぁ…?と言う方も多いかと思います。コンビニエンスストアやスーパーマーケットでも売っているの?なんて思う方も多いかと思いますが、最近ではビール売場も数種類ですが取り扱っているお店も多くなってきています。


じゃあビールと何が違うのでしょうか?


クラフトビールとは品質を重視してビール職人が手塩をかけて作ったビールになります。

詳しく説明すると、最近はいろんな場所で目にする機会も増えた地ビールですが、その地ビールをさらに品質などを重視してランクアップさせたビールがクラフトビールと言うことになります。


大切な人に贈るお中元だからこそ品質を重視したクラフトビールを贈ることはいかがでしょうか?



京都にあるクラフトビール


クラフトビールと言ってもたくさんの種類があります。大手メーカーが出しているクラフトビールから醸造所が出しているクラフトビールまで多種多様にあります。

その数あるクラフトビールの中で私がおすすめのクラフトビールは京都にある「京都丹後クラフトビール」です。

京都と言うとビールというより日本酒のイメージがありますね。京都の日本酒はおいしいですよね。なぜおいしい日本酒が出来るのでしょうか?

1200年の歴史と伝統のある京都は、昔から山紫水明の地と言われ、太陽の日の光で山は紫に霞み、川は澄みきって美しく、自然が美しい場所として言われてきました。そんな京都はおいしい地下水が豊富です。

そんなおいしい地下水で作られた日本酒は間違いなくおいしく出来上がります。


ではおいしい水でクラフトビールを作ってみたら…?

おいしいクラフトビールが出来るでしょう。





京都丹後クラフトビールはおいしい水に、ビールの本場であるドイツ人から修行を積んだ醸造家が丹精込めて作っています。

「」はラオホタイプのものから丹後コシヒカリを副原京都丹後クラフトビール料にしたものまで7種類あります。 

口当たりが柔らかく飲みやすいのが特徴的です。どっしりしたものからすっきりしたもの、まろやかなものから苦みがあるものまで充実のラインナップになっています。

7種類のクラフトビールの中から自分に合ったクラフトビールを見つけてみてはいかがでしょうか?

今まで飲んでいたビールに飽きがきた?!そんなあなたにクラフトビールをオススメ!!

今まで飲んでいたビールに飽きがきた?!そんなあなたにクラフトビールをおススメ!!

大人のビール「クラフトビール」があるじゃないか!



成人してお酒が飲めるようになって、「酔えればなんでもいい!!」と思っていたあの頃とは違って、歳を重ねてお酒を飲む機会が多くなると、お酒の味がわかってきて、お気に入りができていきます。

ビールはこれ、焼酎はこれ、日本酒はこれ、と好みが出てきて、酔えればいいだけではなく味わいを楽しむようになってきますね。

しかし、ついついそのお気に入りのものばかり飲んでしまいがちで、すこ~し飽きがきている方も多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが、クラフトビール。


クラフトビールは、
①小規模生産
②クラフトビールメーカーとして独立していること③伝統的な製法を守っていること

などと謳われ、味が追求されて造られているので、高レベルを求めるなら、クラフトビールの出番です。


クラフトビールならなんでも良い!?
まずは丹後クラフトビールを試してほしい!!



いまやクラフトビールは、ビールマニアだけでなく、様々な方に支持されて、需要の高まりを受けています。それに伴って、クラフトビールを生産する業者も増えてきました。

そんな多種のなかからどのクラフトビールを選べばいいのか。

クラフトビールが初心者の方にオススメなのが、「丹後クラフトビール」です。

ベテランのビール職人が手掛け、京都は丹後の良い水で造られ、洗練された深い味わいのクラフトビールです。

2013年にはビア・コンペティションで金賞を受賞した最高の逸品「丹後クラフトビール」。きっと大人の味わいを楽しめること間違いなしです。



自分好みに合うか不安・・・
京都丹後クラフトビールなら種類も豊富!


丹後クラフトビールでは味わいを7種類取り揃えており、
・ホップの上品な香りと爽快な味わいのビルスナー
・まろやかな口当たりとすっきりクリアな味わいのマイスター
・心地よい苦みとスモーキーな香りのスモーク
・軽快な苦みとフルーティーな香りのロンドンエール
・芳醇、濃厚な味わいと香りのアンバーエール
・さわやかな口当たりとフルーティーな香りのヴァイツェン
・すっきりとした味わいと香ばしさのメルツェン

丹後クラフトビールのホームページには味わいのセグメントマップもご用意しているので、味のご参考にしていただくこともできます。

クラフトビール初心者だけでなく、女性やビールが苦手な方でも飲みやすいものがみつかると思います。

7本セットだと、1本1本味比べもできますので、自分のお気に入りがきっと見つかることでしょう。



また、丹後クラフトビールのラベルには、丹後七姫の妖艶なイラストとともに丹後七姫の由来もそれぞれ書かれています。

味わいや品質、ラベルなど随所にこだわりが垣間見える他にはない魅力的なクラフトビールであると自信を持ってオススメできる逸品となっています。

普段のお酒に飽きが来た自分だけで楽しむのも良いですが、自分と同じようにお気に入りに飽きがきているあの人、お酒の中でもビールが苦手というあの人、選りすぐりせず色んなお酒に興味のあるあの人、といったように身近な誰かと飲み交わすのも楽しいでしょう。



ぜひ丹後クラフトビールをご堪能ください。

お中元や夏のギフトに!!みんなに喜ばれること間違いなしの丹後クラフトビール

お中元や夏のギフトに!!
みんなに喜ばれること間違いなしの丹後クラフトビール


お中元のギフト選びは済みましたか?



本格的に夏を迎えるにあたって、お中元の準備がありますが、アナタはもう済みましたか。

お中元は日ごろの感謝の気持ちを伝えられる絶好の機会です。

両親、兄弟、親戚、会社関係の方、趣味やお稽古事でお世話になっている方など、お世話になっている方々ばかり。

自分にとっても相手にとってもとっておきのものを選びたいですよね。


クラフトビールはビールの中でも最高品質として位置づけられています。最高品質イコール値段が高いとイメージで、自分ではなかなか手が出しづらいところもあります。

しかし、だからこそクラフトビールはお中元向きだと思うのです。

普段自分ではなかなか手が出せない「いいもの(クラフトビール)」をお中元にいかがでしょうか。


なぜお中元に丹後クラフトビール!?



近年、クラフトビールや地ビールは人気や需要の高まりをうけて、それらを生産するビール会社も増えてきました。

そんな数あるクラフトビールの中で、なぜ丹後クラフトビールを選んだのか。

前項でもお話しした通り、クラフトビールの値段が高いのでは、というイメージとは違い、丹後クラフトビールが手ごろな値段だったところがひとつあります。

我が家のお中元の値段設定は3000~5000円です。お中元にと選んだ丹後クラフトビール7本セットは税込み4000円と値段設定範囲内なのです。


価格設定がそこまで高くないってことは、味はどうなんだろう?と心配される方もいらっしゃいますよね。


丹後クラフトビールは、ビール職人歴20年のビールのプロフェッショナルが手掛けていて、2013年にはビア・コンペティションで金賞を受賞した業界お墨付きのクラフトビールなのです。

やはり金賞といううしろだては大きく、味が評価されているというポイントは大きいですよね。



高品質というだけでなく、味も7種類と豊富で、デザイン性も高く、万人受けするようなポイントがいくつもあるところが丹後クラフトビールに決めた要因です。


お中元だけじゃない!!
サマーパーティーにももってこい!


夏場はバーベキューや花火大会、帰省、お盆など人が集まる機会が多いですね。

しかし、そういった集まりでは、初対面の方やあまり話をしたことがない方も居て、会話に困ることも多いはず。

そんな大人同士の付き合いを深めてくれる話題性にもうってつけの丹後クラフトビール。味が7種類あるので、「この味はこうだ」「この味が好き」と飲み比べの会話をするうちに、相手の味の好みがわかるだけでなく、好きな味が一緒なら親近感も湧いてきますよね。


丹後クラフトビールの上質なアルコールもまわり、普段はできないような話もざっくばらんに話せ、仲が深まるのではないでしょうか。


仲の深い方同士でも、相手に持っていたイメージの確認ができたり、逆にイメージが覆されることもあったりと、いろんな方との交流で丹後クラフトビールが役立ってくれることでしょう。

コミニュケーションは飲みにケーションともいうくらい相手との心の距離を縮められる機会。夏場はそんな絶好の機会でもあったのですね。

お中元で贈る、自分で楽しむ、人が集まるところに持参する、夏場は丹後クラフトビールで盛り上がること間違いなしです。

お中元やお歳暮のギフトに人気沸騰中のクラフトビール

お中元やお歳暮のギフトに人気沸騰中のクラフトビール

クラフトビールの人気の理由は「高品質」にあり!



近年注目を集めているクラフトビールですが、そもそもなにをもってクラフトビールというのでしょう。一般的には、以下のように定義づけられるようです。

1.年間生産量が小規模であること
2.独立して製造していること
3.伝統的な製法を守っていること

いまいちイメージしづらいような感じもしますね。

ざっくりいうとすれば、品質を重視したビール、ビール職人が手塩にかけて造るビール。まさに「高品質ビール」といえるでしょう。

素材や製造方法、品質などにこだわる現代人が多くなった今、クラフトビールが人気の理由は「高品質」というところにあるのでしょうね。



そしてこれからもクラフトビールの人気は高まっていくこと間違いなしです。



クラフトビールはお中元やお歳暮などのギフト向き!大切な人にこそ贈りたい!





お中元やお歳暮を贈る相手として、家族や親戚、親しい友人、会社関係の方、趣味やお稽古事関係の方、子供の付き合いでお世話になっている方など年々贈る相手が増えていく気がします。

贈る品物は相手の家族構成や金額の相場など悩むことも多く、お中元やお歳暮選びのシーズンは憂鬱になる方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

お中元やお歳暮で人気の高いハムやジュース類は、贈る側も貰う側にもあたりさわりがなくて良いのですが、貰っておいて失礼な話ですが、個人的には定番のものに対して「これか~」とどこか味気なく感じてしまうのが現状です。

定番も悪くないのですが、お中元やお歳暮を贈る相手は日ごろからお世話になっている方々ばかり。相手の趣味・嗜好を考えつつ、日ごろの感謝をこめて、「これがあなたにおすすめなの!!」というような自分にとっても、とっておきの品物を選んでいければ、お中元やお歳暮選びも楽しいものとなっていくでしょう。



クラフトビールは、お中元なら夏本番となる暑い時期だからこそ飲みたくなる飲料として、お歳暮なら人が集まった時に楽しめる話題性の高いビールとして、とお中元やお歳暮などのギフトにぴったりだと思うのです。

また、自分の印象を与えておきたい方に贈るのもおすすめです。男性の方だと、上司や取引先の相手などの会社関係の方に贈るのは最適でしょう。

一般的な缶ビールではなく、高品質でワンランク上のクラフトビールを贈ることによって、相手は「自分を大切にしてくれている」とあなたの印象もグッとあがることでしょう。



今年のお中元は丹後クラフトビールで決まり!



丹後クラフトビールは、ビール造り歴20年のビール職人がこだわりを持って醸造しています。

2003年にはインターナショナル・ビアコンペティションで金賞を受賞したこともある職人が手掛けたもので、丹後クラフトビールでしか味わえないものとなっています。

丹後コシヒカリを副原料にした丹後の歴史がつまった味わい深いビールで、ビール好きだけでなく、ビールが苦手な方や女性からも人気を集めています。

また、7種類の多彩なバリエーションを取り揃えており、3本セット、7本セットなど価格帯も選びやすくなっております。

味わいだけでなく、パッケージには丹後七姫の美しいイラストがデザインされており、パッケージを楽しめるのも魅力のひとつです。


ぜひお中元やお歳暮のギフトを選ぶ際のご参考になさってくだされば幸いです。

今年のお中元のギフト選びに悩んでいるアナタ!!丹後クラフトビールはいかがですか!?

今年のお中元選びに悩んでいるアナタ!丹後クラフトビールはいかがですか?


【バラエティー豊かになってきたお中元のラインナップ】



お中元の定番と言えば、ビールやそうめん、ジュースやゼリーなどがあげられます。

インターネット販売のお中元サイトでは、バラエティー豊かなラインナップで、選ぶ楽しみも増えてきたように思います。

しかし一方で、こういう手配が面倒な方、優柔不断な方、新婚さんでお中元選びに不慣れな方は、誰に何を選べばいいか悩むことも少なくないのではないでしょうか。

そんな悩める方に今日はおすすめの商品を紹介していきたいと思います。



今年のお中元にはクラフトビールがおススメ!



先ほどもお話ししましたが、インターネット販売のお中元サイトを見てみると、クラフトビールや地ビールはバナーなどで大々的に宣伝されていることからも、近年それらの人気や需要が高まっていることを象徴しています。

クラフトビールとは、年間生産量が小規模でビール職人が手間暇かけて造る高品質なビールです。

従来のお中元では、一般的に飲まれるような有名メーカーの缶ビールのセットが主流でしたが、素材や品質にこだわり、「高品質」がウケる現代人にとっては、一般的なビールではなく、ワンランク上のクラフトビールの人気が高まるのもわかる気がします。

我が家の今年のお中元は
丹後クラフトビールに決めました!



丹後クラフトビールに決めた理由は3つです。

丹後クラフトビールは、質良し、味良し、見た目良しという贅沢なクラフトビールなのです。

2013年にインターナショナル・ビアコンペティションで金賞を受賞したことがあり、品質が高く評価されています。

また、味わいは7種類あり、
・ホップの上品な香りと爽快な味わいのビルスナー
・まろやかな口当たりとすっきりクリアな味わいのマイスター
・心地よい苦みとスモーキーな香りのスモーク
・軽快な苦みとフルーティーな香りのロンドンエール
・芳醇、濃厚な味わいと香りのアンバーエール
・さわやかな口当たりとフルーティーな香りのヴァイツェン
・すっきりとした味わいと香ばしさのメルツェン

7本セットでは、全7種類の味わいを試せるので、きっと贈られた方にとって、少なくとも1本はお気に入りがみつかるでしょう。それだけでなく、1本1本飲み比べするという楽しみ方もあります。

そして、パッケージには丹後七媛のイラストや由来も書かれているので、丹後の地についても触れて楽しめるものとなっています。

これらの質良し、味良し、見た目良しで男性にも女性にも喜ばれることが丹後クラフトビールの魅力だと思いました。

幸い、我が家のお中元を贈る相手には病気などでお酒類が飲めないという方がいないので、丹後クラフトビール7本セットをお中元に、と決めました。

高品質のものとなると価格が高いのでは!?と気になるところですが、丹後クラフトビール7本セットは税込み4000円とお中元として手頃な値段なのです。

お盆やバーベキューなど夏はイベントも多く、人が集まる場も増えます。そんなところに丹後クラフトビールを持参してもきっと喜ばれるでしょう。

贈った相手に喜んでほしい、美味しいと言って飲んでいるところを想像して、自分にとって最高の贈り物「丹後クラフトビール」を贈ってみませんか。

お中元ギフトにおすすめアイテムはオシャレなクラフトビール!

お中元ギフトにおすすめアイテムはオシャレなクラフトビール!


【今年のお中元には特別なギフトを贈ってみよう!】



お中元や夏ギフトの定番アイテムといえばやっぱりビール!

まとめ買いでお得なビールセットもいいですが、せっかく贈るならこだわりやセンスが感じられるものを贈りたいものです。

そこでおすすめなのがクラフトビールです!


カジュアルすぎないので上司へのお中元にもピッタリですし、特別感や遊び心が感じられるクラフトビールは、暑い夏のギフトには本当におすすめなんです。


こんなにあった!クラフトビールの種類


日本にはたくさんの大手ビールメーカーが存在しています。

しかし、日本の大手ビールメーカーが製造しているビールのほとんどは「ピルスナー」というタイプのビールで、甘みが少ない分ホップの苦みが感じられる、爽快な淡色のビールです。

世界にはもっといろんな種類のビールが存在するにも関わらず、その1種類しか飲んだことがないなんて、実にもったいない話ですよね。

ビールは大きく分けて、「ラガー」・「エール」・「自然発酵・その他」の3つに分類され、基本的にはラガーとエールの2つに分けられます。


日本の大手ビールメーカーが製造しているピルスナーは、ラガーに分類されます。

ラガーは、ラガー酵母を使用して約5~10℃の低温で1週間ほど熟成させたものです。スッキリしたのど越しが特徴で、比較的あっさりした飲み口です。

エールは、エール酵母を使用して常温に近い20℃前後で3日間熟成させたものです。高温で醗酵されているので、パンチの効いた香り豊かなビールです。また、少し濁りがあり、まったりとしたコクがあるタイプが多いのも特徴です。


海外のビールの主流はこのエールで、多くの種類があります。

「ペールエール」は、ピルスナーと比較すると味が濃く、ホップの爽やかな香りと苦みが特徴的です。

「IPA(インディア・ペールエール)」は、ペールエールのホップの量をさらに増やしたもので、苦みが際立ちますが、フルーティな味わいも感じられます。

「ヴァイツェン」は、ホップの香りや苦みは比較的少なく、バナナのようなフルーティな香りとまろやかな味わいで、女性からの人気が高いです。

「スタウト」は、コクのある黒ビールです。ローストした麦芽を使用し、独特の香ばしさと重みのある飲み応えが味わえます。

「アンバーエール」は琥珀色のビールです。苦みとコク、旨みのバランスが絶妙で、黒ビールほどの強さはないので、さまざまな料理にも合わせやすいです。

「フルーツビール」は、さまざまなフルーツの果汁やエッセンスを加えて造られるビールです。使用する果物によって味や色合いに変化があり、見た目も楽しめます。

「バーレーワイン」は、長期熟成させることで複雑な味わいを感じさせる熟成ビールです。さまざまな種類の麦芽を大量に使用するため、濃厚な仕上がりとなっています。



目が離せない!クラフトビールに込めた職人技



クラフトビールは、小規模なビール醸造所で職人が丹精込めて造り上げる高品質なビールです。そのため、大量生産されている大手のビールよりも何倍もの値段がします。

しかし、日本各地で製造されるクラフトビールの数が増え、クラフトビールを取り扱うビアバーやレストランなどもどんどん増えてきています。

美味しさもさることながら、味のバリエーションも豊富なので、いろんな味を飲み比べできる楽しさが魅力なのでしょう。

また、湧水を使用したり、自家栽培の米やホップを原材料にしたりと、それぞれの地域の特性が出てくるところもクラフトビールの面白さです。

クラフトビールをギフトにおすすめするのは、パッケージにもこだわったものが多いから。

和の雰囲気のあるネーミングをつけたり、女性に贈っても喜ばれるような美しいパッケージのものなど、贈り物としても最適なものが揃っています。

クラフトビールは、材料や製法を変え、職人たちの手によって日々新しいものに進化しています。だからこそ、今年のお中元には特別なクラフトビールを贈ってみませんか?

味も見た目も大人気!お中元ギフトに京都のクラフトビールはいかが?

味も見た目も大人気!お中元に京都のクラフトビールはいかが?

地ビールとは違う!クラフトビール人気が止まらない



ここ最近、街のビアパブやバー、レストラン、小売店など、あらゆる場所で目にする機会が増えてきたクラフトビール。

国内においても、様々なメーカーによって個性あふれるバリエーション豊かなクラフトビールが販売され、注目を集めるようになってきました。

クラフトビールは、小規模な醸造所で生産され、職人の手によって多彩な製法で製造される高品質なビールです。既存のビールにはない味わいや風味が楽しめるとあって、ビール愛好家のみならず幅広い方々に飲まれています。

クラフトビールは全国各地に存在します。しかし、地方のお土産物というイメージが強く、値段が高い割には美味しくないものが多い地ビールとは違い、各地のクラフトビール醸造所では、ジャンルに囚われることなく多種多様なクラフトビールが造られています。

常に新感覚の味、ユニークな味を求め続けるクラフトビールファンを楽しませるため、各クラフトビール醸造所では、職人が技を磨いてくれています。



京都のクラフトビールはなぜ人気なのか?


日本各地の数ある中で京都のクラフトビールが人気なのには理由があります。

京都のクラフトビールは、パッケージやラベルといった見た目のセンスが素晴らしく、男性に限らず女性でも手にしやすいデザインが豊富です。箱にもそれぞれのデザインの由来やビールの味の特徴などが書かれているものがありますので、贈答用としても重宝します。

そして、何といってもフレーバーの種類が豊富!季節の味覚に合うように、また、お料理に合わせたビール選びができるなど、どれを選んでも満足できる多様なフレーバーが楽しめます。

これなら、ビール好きの方にはもちろん、ビールの苦みはちょっと苦手と言われる方にもおすすめできますね。

また、ビールの味や色味などをイメージした個性的なネーミングがどれも楽しいクラフトビールもあります。自分や相手の方のイメージに合ったものをチョイスしてみるのもいいですね。

今年のお中元には丹後クラフトビール!


魅力あふれる京都のクラフトビールから今年のお中元におすすめしたいのが、丹後王国「食のみやこ」の丹後クラフトビールです。

西日本最大級の道の駅である丹後王国「食のみやこ」のビール工房では、7種類のクラフトビールが製造されています。

ソーセージとの相性がバッチリな「メルツェン」、女性から圧倒的な支持を受ける「ヴァイツェン」、グレープフルーツのような苦みと酸味が特徴の「アンバーエール」、爽やかな苦みとフルーティな香りの「ロンドンエール」、副原料に丹後コシヒカリを使用した「マイスター」、ほどよい苦みと爽やかさが心地いい「ピルスナー」、スモーキーな香りと苦みがたまらない「スモークビール」。

これだけフレーバーが揃えば、普段からビールが好きな人にはビールの新感覚を味わってもらえますし、ビールの苦みが苦手だった人には自分好みのフレーバーを見つけてもらえるに違いありません。

また丹後クラフトビールの箱には、丹後王国「食のみやこ」のロゴと、京都の丹後にちなんだ「丹後七姫」のイラストが上品に描かれています。各ビールには、それぞれの味の特徴とともに各姫の由縁も記載されているので、大切な方への贈り物には最適ですよ!

丹後王国「食のみやこ」には行けないけれど、ビール好きなあの人にぜひ味わってもらいたい!そんな方には通販サイトでも購入可能です。

今年もいつものビールをお中元に考えていた方、今年はぜひ、丹後クラフトビールを贈ってみてはいかがですか?

脱定番!お中元ギフトにクラフトビールがアツい!

脱定番!お中元ギフトに
クラフトビールがアツい!

今までのお中元ギフトといえば?



お中元ギフトの定番といえば、ハムと答える人も多いのではないでしょうか?

ハムはもともと高価なもので、昭和初期までは一般家庭の食卓にはまず並ばないほどの高級品でした。そのイメージは現在においても定着しており、大切な方へのお中元ギフトによく選ばれているのです。

また、小さな子どもからご年配の方まで幅広い年代の方にも受け入れてもらえるものであること、そして、賞味期限や消費期限が長く、贈られた方の都合に合わせて食べられるというのも選ばれる理由です。


ハム以外にも、お中元は夏に贈るものという季節的な理由から、家族みんなで飲めるジュースの詰め合わせや、お昼の定番メニューである素麺・お蕎麦、誰もが楽しめるスイーツもお中元ギフトの定番です。


お中元ギフトは、お相手の方の趣味・嗜好以外にも家族編成なども考慮し、贈られて喜ぶ品物を選ぶことが、日頃の感謝の気持ちを伝えるポイントです。



高くても選ばれる!
クラフトビールが求められる理由


一年を通して飲むことができるビールですが、季節限定のフルーツを使ったものや、限定コラボしたもの、生産場所や生産数が限られたものなど、希少価値の高い「クラフトビール」をご存知でしょうか?

クラフトビールは、安定供給と万人に受け入れられることを重要視して製造されている一般的なビールとは違い、小規模の醸造所の造り手が、自分の造りたいものを造るという観点から製造した、非常に希少なビールなのです。

また、ビールの味はこういうものという定着したイメージを払拭し、例えば、フルーティな香りが強く苦みの少ないものや柑橘系の爽やかな香りがするもの、ワインのような酸味を持つものなど、さまざまな料理に合わせて楽しめるのも特徴です。


これだけ希少なものですので、大手のビールより何倍も値段が高いのは事実です。しかし、グラス選びでもその味が大きく変化したり、お料理との相性を考えながら自分好みのビールが選べたりすることに、値段以上の価値を見出せるようです。

ビールの苦みが苦手だった方でも、種類豊富なクラフトビールの中には、自分好みのものがあるかもしれません。今、どんなビールが飲んでみたいか、自分はどういったビールが好みなのか、探してみるのも楽しいですね。

ひとつの醸造所で製造するクラフトビールの種類が増えています。また、いろいろなクラフトビールを取り揃えるビアバーもどんどん増加してきています。そんなクラフトビールを飲み比べてみるというのもいいですね。


とりあえずビール!といった時代も終わりを告げる日がいつか来るのかもしれません。



こんな人にはクラフトビールをギフトで贈りたい!



クラフトビールは全国各地に存在します。旅行をすれば、現地の美味しいお料理やスイーツを味わいますが、その土地ならではのビールが楽しめるのも旅行の醍醐味です。

しかし、残念ながらそんなにしょっちゅう旅行に行ける方なんていないのが現状。忙しい日々に追われる方に、ちょっと非日常を味わってほしいなら、クラフトビールは最適です。

また、毎日の晩酌用としては高価なクラフトビールですが、週末や特別な日に大切な人と楽しむなんて素敵ですよね。

もちろん、毎日は無理でもたまには個性あふれるビールが飲んでみたいと思っている方には、クラフトビールがおすすめです。

造り手のこだわりが詰まったクラフトビール、大切な方にぜひ味わって飲んで欲しいものです。



メルマガ登録

モバイルサイト



京都丹後の通販サイト、丹後王国「食のみやこ」の公式通販です。

こんにちは!
丹後の魅力や丹後王国「食のみやこ」のおススメ情報をお伝え致します!!
店長日記はこちら >>

丹後王国食のみやこ

ホテル丹後王国

パソナグループ


京都のブランド豚肉使用 丹後王国道の駅自家製ソーセージ

海の京都、丹後の観光情報

京都丹後の旬なお米や野菜紹介

お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

ページトップへ