お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

クラフトビールが「お中元のギフト」としても人気が高まっている

クラフトビールが「お中元ギフト」としても人気が高まっている

【今までのお中元・ギフトの定番は?】



今までのギフトと言えばどのような物が思い浮かぶでしょうか?

今の時期、お中元の売場では季節商品のそうめんやジュース、ゼリー、桃やメロン、ブドウなどの旬の果物などよく見かけます。




そして、忘れてはいけないのがビールですね。

お酒好きの送り先では夏はビールだと相手が喜ばれると言う理由や、「暑気払い=喉の渇きを癒すビール」と言うイメージがあるためビールを贈る場合など様々な理由からビールを贈ることが多いようです。


様々な理由からビールはお中元には人気で、ギフトにオススメや定番のランキングでも常に上位に入っています。

【缶とは違う、クラフトビールの個性と特徴について】











まず、缶ビールと瓶ビールは何が違うのでしょうか?

器の素材が違うために中のビールにかかる圧力が違うために味に違いが出てくると昔は言われていたようですが、今は同じものが詰められています。

では何が違うのでしょうか?

缶ビールも瓶ビールもグラスに注いで飲む場合、よく見てみると注ぐ際の出方や勢い、出てくる量も違います。その微妙な違いがビールの風味に違いが出てきているのかもしれません。

缶ビールはグラスに注ぐ際に勢いよく出てきます。私も気をつけて注がないとグラスからビールがこぼれてしまった経験が過去に何度もあり、もったいない思いをしたことがあります。


話を戻しますが、勢いよく出てくるために比較的に泡が荒くなってしまい、炭酸も少し抜けてしまいます。

しかし瓶ビールは注ぎ口が細くなっているために勢いが軽減されて静かに細く出てきます。そのため泡が立ちにくく炭酸が残りしっかりとした味わいが感じられます。

品質を重視して作られるクラフトビールはのどごしや味わいにこだわりが詰まっています。多くの醸造所がグラスに注いて飲むことを推奨しています。

また様々な地ビールの会社などがクラフトビールを発売しています。大手ビールと違って生産量も少なくそのため金額も少し高くなっています。


飲む際に品質が落ちることなく飲むことが出来る瓶ビールの方が缶ビールに比べて飲む際に雰囲気も出て高級感も感じられるので、クラフトビールには瓶ビールのものが多くあるのかもしれません。



【クラフトビールを贈って嬉しい人】









ではどのような人にクラフトビールがオススメなのでしょうか?

まずお酒が好きな人には欠かせないでしょう。特にビールが好きな人にはもってこいのギフトになるはずです。

次に食べ物にこだわりがある人にもおすすめです。クラフトビールは材料や味などにこだわりを持って作られています。クラフトビールの種類によってはお肉料理に合うように作られたものや魚料理に合うように作られたものなどもあります。贈る相手がどのような食事スタイルが好みかに合わせたクラフトビールを贈るのもよいかもしれません。

そして最後におすすめの理由は、お酒は好きだがビールは少し苦手と言う人にオススメです。最初の理由と逆になってしまいますがクラフトビールにはビール本来の苦みを抑えて飲みやすくしたものやフルーティーな物があります。今までビールが苦手だった人でもこのビールなら飲むことが出来るという人もいるはずです。

このような理由でクラフトビールは贈ると喜ばれるでしょう。



メルマガ登録

モバイルサイト



京都丹後の通販サイト、丹後王国「食のみやこ」の公式通販です。

こんにちは!
丹後の魅力や丹後王国「食のみやこ」のおススメ情報をお伝え致します!!
店長日記はこちら >>

丹後王国食のみやこ

ホテル丹後王国

パソナグループ


京都のブランド豚肉使用 丹後王国道の駅自家製ソーセージ

海の京都、丹後の観光情報

京都丹後の旬なお米や野菜紹介

お中元やギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

ページトップへ