京都丹後の旬なお米や野菜紹介

<京都の新米は丹後王国通販で!>もうすぐ新米が出はじめます!新米についての豆知識★ 保存編

もうすぐ毎年お楽しみの新米が出始める季節!
京丹後のお米はとっても美味しいので、食べるまで是非正しく保存してもらいたい!
保存方法についてお伝えします!


炊く分の新米だけ小分けして野菜室で冷蔵庫保存が理想!




西日本では最多で「特A」評価を得ている京丹後のお米(コシヒカリ)。
新米が持つ美味しさを食べる時まで保って頂きたい!
今回はお米の保存について述べていきたいと思います^^


常温保存している方が多いお米。
でも、実はお米も魚や肉と同じく生鮮食品!カビや虫、酸化を防ぐには冷蔵庫の野菜室での小分け保存をおすすめします!
最近はそのことを意識してかペットボトルに入って売られているお米もよく見られますね。

ただ、大量にまとめて冷蔵保存してしまうと、封の開け閉めの際に結露が生じやすいので注意が必要です!
一回に炊く分をジップロックなどに小分けして野菜室で保存、がベスト。 




新米の冷蔵保存が難しい場合は・・・・




とは言え、冷蔵庫の野菜室はスペースが限られていてお米も入れる余裕などない、という方が多いのではないでしょうか。
常温保存の場合は夏は2週間、冬は一ヶ月程度で食べきるのが理想だそうです。。
それは厳しい・・・という方も多いかと思うので、丹後王国からは、分づきでのお米の購入をおすすめしています!!
栄養価も高く、常温保存でも味が落ちにくいですよ。 




丹後王国「食のみやこ」の通販サイトでは、お米の購入の際に備考欄にて精米具合をご指定頂けますので是非ご利用ください。

3分づき:まだ茶色が目立つほど玄米の糠(ヌカ)が残っています。プチプチの食感が楽しい!
5分づき:白米と玄米の中間。ここまでは白米より少し水多めでの炊き上げがおすすめ。
7分づき:ほぼ白米。初めて玄米を試す方は7分がおすすめです!

栄養はたっぷりですが、玄米が多いとその分消化がしにくいので、よく噛んでお召し上がりくださいね。


通販での新米の発売開始は9月中旬を予定しております!お楽しみに!



モバイルサイト




丹後王国食のみやこ

ホテル丹後王国

パソナグループ


キャンペーンのお知らせ

お中元,お歳暮,ギフトに人気!京都丹後クラフトビール情報

京都のブランド豚肉使用 丹後王国道の駅自家製ソーセージ

京都丹後の旬なお米や野菜紹介

海の京都、丹後の観光情報

ページトップへ