買い物もグルメもアウトドアも、欲張りに楽しみたい!京都北部の道の駅5選

車旅の途中で立ち寄る道の駅。トイレ休憩や食事休憩、お土産の買い物などのイメージが強い方も多いかもしれません。しかし、今回ご紹介する京都北部の道の駅は、それだけにとどまりません。地元の食材を存分に生かしたグルメに加え、グランピングや様々なアクティビティ体験など、従来の道の駅の固定概念を超えた注目スポットとして今話題なのです。今回はそんな魅力的な道の駅を厳選して5カ所ご紹介します。「旅の立ち寄りスポット」としてだけではなく、「旅の目的地」にしたくなる、個性豊かな道の駅の魅力をたっぷりご紹介します。

1. 丹後王国「食のみやこ」

丹後王国「食のみやこ」は、甲子園球場約8個分を誇る西日本最大級の道の駅です。広大な敷地の中には、グルメ・お土産・遊び・宿泊など、魅力がギュッと詰まっています。

グルメでは、丹後の食材を使ったお土産はもちろん、ブランド豚「京丹波高原豚」を味わえるBBQや、牧場直の京丹後牛と丹後の旬菜が楽しめるレストランなど、丹後の特産品を使った絶品グルメを堪能できます。お土産として人気なのは、王国内で作られたクラフトビールや手作りのソーセージ!こだわりの味を求めてやってくるお客さんも多い人気のオリジナル商品です。様々な体験も充実していて、梨やメロン、桃や葡萄など、季節のフルーツ収穫体験、羊やリクガメと触れ合える小さな動物園、芝生広場など見所満載!遊び盛りの子連れファミリーにも嬉しい施設です。

「1日だけじゃ足りない!」という方は、隣接するホテルやグランピング施設(1日1組限定)もあるので、宿泊するのもオススメです。自然に囲まれ、リラックスしながら贅沢な時間を過ごすことができますよ。

2. てんきてんき丹後

(引用:https://www.uminokyoto.jp/)

「間人蟹」の水揚げで有名な間人(たいざ)港から約5分。「てんきてんき丹後」は海の香り漂う道の駅です。

海の近くということもあり、イチオシのグルメは海鮮丼!

(引用:https://tenkitenki-mura.jp/)

ツヤツヤに光る京丹後産のコシヒカリの上には、こんもり盛られた新鮮な海の幸!魚介好きにはたまりません!料理長秘伝のコクのあるオリジナル醤油をかけて豪快に頬張りたいですね。他にも、「へしこ」(青魚に塩を振って塩漬けにし、さらに糠漬けにした郷土料理)のおにぎり定食や、府立海洋高校と共同開発した鯖缶を使った鯖カレーなど、海沿いならではの魅力を生かした海の恵みが味わえます。また、道の駅の裏にはオートキャンプ場も併設されています。海水浴ができる海辺まで徒歩10分という利便性から、夏には海水浴を楽しむ人で賑わいます。沢山泳いだ後は道の駅で海の幸を楽しむ旅というのもオススメですよ♪

3. 舞鶴港とれとれセンター

(引用:https://toretore.org/)

舞鶴港とれとれセンターは、日本海側最大級の海鮮市場を持つ道の駅です。新鮮で安い魚が豊富に揃い、購入した魚はその場で海鮮焼きや刺身に調理してもらい食べられます!

(引用:http://www.maizuru-kanko.net/)

お肉のBBQも良いですが、せっかく海沿いに来たのですから、海鮮バーベキューの美味しさを改めて知る体験を。香ばしく焼かれた熱々の魚介を頬張れば、口いっぱいに磯の香りが広がります。干物や練り物などの加工品は、種類も多くお土産にぴったり!他にも、とれたてのネタが自慢の寿司店、海鮮丼が自慢の食事処、舞鶴かまぼこ・ちくわなどの練り製品専門店などがあるので、立ち寄る際はお腹を空かせて行くことをオススメします!

4. 海の京都宮津

(引用:https://www.michi-no-eki.jp/stations/views/19852

海の京都宮津は宮津湾に面し、天橋立に一番近い道の駅です。宮津湾と天橋立の風を感じるロケーションであることから、観光の拠点としても最適です。お土産やグルメも充実していますが、なかでも「買う・食べる・体感する」が一体となった「おさかなキッチンみやづ」内にある2つのお店に注目。

HAMAKAZE caféは木の優しい温もりが漂うカフェバーで、昼はランチも楽しめるカフェ、夜はご当地メニューやお酒も楽しめるバーとして、旺盛な食欲を満たしてくれます。スイーツも人気で、パティシエが手作りした天橋立チーズケーキやご当地ソフトクリームは、甘いもの好きにはたまりません!

MIYA-Pokeではハワイ風海鮮丼「ポケボウル」を味わえます。

(引用:https://tenkitenki-mura.jp/)

新鮮な丹後・宮津の⿂介類や野菜に味付けしたポケは、数種類が並ぶショーケースの中から好きなものをチョイスできます。その日の気分に合わせて、お好みのポケを是非召し上がってみてくださいね。

5. スプリングスひよし

(引用:https://www.michi-no-eki.jp/stations/views/19438)

スプリングスひよしは、京都府南丹市の日吉ダムの近くにあります。お土産やグルメはもちろん、温泉やプール、キャンプ、岩盤浴、BBQやキャンプ場もあり、1日中楽しめる複合施設です。

(引用:https://www.dod-campparkkyoto.jp/)

2022年4月1日にオープンしたキャンプエリアは、手ぶらでキャンプを楽しめるプランや、愛犬と一緒に利用できるプランもあります。ベテランキャンパーはもちろん、「初めてキャンプに挑戦してみたい!」という初心者キャンパーも気軽に楽しむことができます。

(引用:https://www.dod-campparkkyoto.jp/)

カヤックやラフティングなどのウォーターアクティビティも体験でき(期間限定)、アウトドア好きの方にもピッタリです。施設内のレストランでは、丹波黒豆や京都丹波高原豚など、日吉の味覚を楽しめます。アウトドアを楽しむ施設として四季折々の季節を感じ、野生動物や夏の蛍など、自然にかえる体験ができるキャンプ&スパリゾートです。

道の駅を目的地に、楽しみを再発見する旅へ

「旅の立ち寄りスポット」というイメージが強い道の駅。最近は、グルメやお土産に加えてアウトドアやアクティビティを楽しむことができ、「旅の目的地」になりつつあります。京都観光の新たな目的地として、今回ご紹介した5つの施設をはじめ、是非道の駅の魅力を体験してみてください。きっと旅の楽しさを再発見できますよ。

長寿の街・京丹後の秘密に迫る

京丹後市は、長寿の街としても有名なのをご存知ですか?今回は「長寿」をキーワードに、元気なお年寄りが多く暮らす京丹後の魅力をご紹介します。

100歳越えの人口比率が全国平均3倍?!

京丹後市は京都府北部丹後半島に位置しています。そんな京丹後市が今、健康長寿の街として注目されています。

最大の特徴は、100歳以上の人口比率が全国平均の約3倍(※1)にもなることです。更に、男性長寿世界一としてギネス世界記録保持者の木村次郎右衛門さん(享年116歳)が生涯を過ごした街も、この京丹後なのです。現在、長寿の秘訣を探るプロジェクト「京丹後長寿コホート研究」が行われており、2017年~2032年を目処に、2000を超える項目について調査がなされています。

※1 京丹後市 健康長寿福祉部 長寿福祉課が公表

京丹後長寿コホート研究とは?

この研究は、全国都道府県の平均寿命において短命県である青森県が、長寿の街である京丹後市と一緒に長寿の理由を探すべくスタートした研究です。京都府立医科大学と京丹後市立弥栄病院の共同研究で、京丹後市に住む65歳以上の高齢者が対象です。アンケートや検診を中心に、2017年~2032年まで長期にわたって実施される予定です。

2000項目にも及ぶ調査内容には、職業、日常生活、運動能力、認知機能、食事、睡眠時間、遺伝的な調査などが盛り込まれています。また、長期にわたって調査することで具体的な長寿の秘訣を見つけようと、京丹後市民の協力を得ながら進んでいるプロジェクトです。

京丹後の健康長寿の特徴

京丹後の健康長寿の特徴は、いくつかあります。ひとつめは、血管年齢の若さです。なんと全国平均より10歳ほど若く、血管年齢の上昇も止まる傾向にあることが分かっています。ふたつめは、大腸がんの罹患率が低いことです。善玉菌を含む腸内細菌が京都市在住者と比べて多かったとの調査結果が出ています。これらは遺伝子によるものではなく、日常生活の習慣が大きく影響していると考えられています。例えば食べ物においては、大麦ご飯、玄米ご飯などの全粒穀物や、ひじき、わかめなどの発酵性食物繊維を含む食品がよく食べられていました。また、「ま(豆)・ご(ごま)・わ(わかめ)・や(野菜)・さ(魚)・し(しいたけ)・い(芋)」をバランス良く食べていると話す人が多いことも分かっています。

京丹後ならではの長寿の秘訣とは

現在までの調査では、食べ物や暮らし方、人との関わり方や健康への関心の高さが、長寿に繋がっているのではないかと言われています。具体的には、「個人的なことを話せる友人が多い」「男性の家事にかける時間が多い」「同居人数が少なく、自分のことは自分でやるということが習慣づいている」といった傾向があることが分かりました。地域の方に聞くと、「バランスよく何でも食べる」「人とよくしゃべる」「農作業などの運動を日常的に行っている」などの意見もあるようです。農作業をしている80歳代の方に「お元気ですね」と声を掛けると、「もっと元気な90歳がいますからね。」と返ってくることもあったといいます。周りの人たちに刺激を受けつつ、日々の暮らしの中での健康に対する意識の高さがうかがえますね。

長寿の街・京丹後においでやす

長寿の研究が行われるほど元気な街、京丹後。海や山の幸が豊富なこの街には、元気なお年寄りのパワーが溢れています。京丹後に来た際は、そんなところにも目を向けて楽しんでみてくださいね。

丹後の冬の味覚「間人(たいざ)がに」

皆様、新年明けましておめでとうございます。
2022年も、丹後の「食」をお届けしてまいります。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

さて、丹後地域の冬の味覚と言えば「かに」!

京都府から福井県、兵庫県、鳥取県、島根県と山陰から北陸にかけての日本海沿いはズワイガニの産地。特に、兵庫県の香住や福井県の越前は、ともに「香住がに」「越前がに」と名だたるブランド蟹の産地です。その中でも、京丹後市の間人(たいざ)は、幻と言われるほど希少な蟹「間人がに」の産地です。

毎年、11月6日に蟹漁が解禁。翌年3月20日までの約5ヶ月間、5隻の小型底曳網漁船のみで操業され、間人港の沖合近くにある間人蟹の漁場で、海上で停泊することなく日帰りで漁をします。この漁場には蟹の餌となる生物やプランクトンが豊富に生息し、とても良質な蟹が育つのだそうです。また、日帰り操業により漁獲物の鮮度が良く、生産者や流通業者厳しい選別によりブランド蟹として高い品質を保ち、皆様の元にお届けされます。

元より、小型漁船5隻と漁獲量が少なく限られる上に、日本海の冬の蟹漁は私たちの想像を超える厳しさの中行われます。12月から2月にかけての真冬には、海が荒れ漁のできる日が限られてしまい、よりその漁獲量は少なくなかなか手に入らないことから「幻の蟹」とも呼ばれます。

そんな「間人蟹」が、今季は非常に漁獲が少なく、例年になく高価になっています。仲買人さんからも「あまりに少なく、予算があっても手に入るかどうか運次第です・・・ね」とまで言われています。

そんな希少な「間人蟹」。今季、お手元に届けば幸運に恵まれるかもですね。

京都からステキな発信「京都丹後クラフトビール」とは?

ギフトに人気な京都丹後クラフトビールとは?

クラフトビールをご存知ですか?特定の地域で限定生産されたビールのことで「地ビール」ともいいます。小規模な会社によって独自の製法でこだわりを持って醸造され、種類も豊富で色や味わいに特徴があり個性的です。

「ビール職人による工芸品のようなビール」として既存のビールにはない魅力がたくさんの人を惹きつけています。

『丹後クラフトビール』は、ビールの本場で修業し20年間ビールを作り続けているブリュワーの山口さんが、丹後王国「食のみやこ」で醸造しています。

山口さんは、2013年に国際品評会、インターナショナル・ビア・コンペティションで金賞を受賞し、腕が認められた職人さんです。彼の強いこだわりによって、7種類の個性的なラインナップが生まれています。これらが、「丹後王国自家製クラフトビール」なのです。

個性的な7種類のビールたち

クラフトビールといえば種類の多さが特徴ですね。こちらのビールは職人のこだわりがつまっています。それぞれのビールについて職人さんの思いをまとめました。

まず【マイスター】は、副原料に丹後産コシヒカリを使用し、まろやかですっきりクリアに仕上がったビールです。

【ピルスナー(ラガー)】上品な香りと爽快な喉ごしで、苦みも控えめで香りとまろやかさが特徴。ビールの中でも定番と呼ばれる種類です。

【スモーク(ラオホ)】スモーキーな香りでコクと香りを楽しめるビールです。ビール好きの方に、特に高く評価されていて、人気のあるビールです。

【ロンドンエール(ペールエール)】軽快な苦みとフルーティーな香りが特徴で、職人さんの志も詰まっています。

【アンバーエール】は芳醇で香が強い種類です。モルトの香が強いのが特徴で、口当たりもまろやか。濃厚で芳醇なビールです。

【ヴァイツェン】はさわやかでフルーティーな香りが特徴。女性好みのクラフトビールです。

【メルツェン】は、モルトの香ばしさとすっきりと香ばしさが特徴です。現在は年中味わえますが、昔は季節限定でした。3月のビールと言われています。

ビールといえば、味を想像できる方がほとんどだと思います。しかし、これらの7種類について想像できる方は少ないのではないでしょうか。

ギフトとしてのクラフトビール

最近の贈り物の傾向として、儀礼的なものよりも日頃の感謝の気持ちを少し伝えるものが増えてきました。何かのきっかけで「プチギフト」として少し良いものを贈ったり、久しぶりに会う仲間たちと楽しむための「おもたせ」として一緒に楽しんだりすることが増えたということでしょうか。

この場合、みんなが知っている大手メーカーやブランドの商品は安定感や安心感があり喜ばれますが、誰も知らない地域の限定商品を原石のうちに見つけて、みんなで楽しみたいというニーズもあるといえます。

贈答用の商品をインターネットで手配するというのは当たり前になってきましたが、小分けセットがあるというのはまだまだ珍しいようです。

1本から取り扱いができ、プチギフトとして3本、5本のセットにできることは、贈り手としては嬉しいサービスです。

「多様化」という言葉が最近のキーワードになっていますが、このクラフトビールも多くの選択の中から選ぶにふさわしい品の一つに入ると感じています。おもたせ文化が根付く京都から発信されている粋な商品といえるのではないでしょうか。

「京丹波高原豚」と「京丹後牛」

ブランド肉

夏のお肉料理!
旨味が自慢のブランド肉はいかがですか。

丹後王国こだわり市場でも人気のブランド肉
「京丹波高原豚」と「京丹後牛」。

「京丹波高原豚」は京都府南丹市にある日吉ファームが育てる京のブランド豚肉。良質の三元豚を環境や飼料の創意工夫で、西日本豚枝肉コンクールにて最高位である名誉賞(農水大臣賞)を2年連続で受賞するなど、その旨味は全国に認められています。

「京丹後牛」は、京丹後で育てられた和牛。特に「京たんくろ和牛」は、短角牛を母に、黒毛和牛を父に持ち、旨味の強い赤身肉と口溶けのよいサシが特徴。海が見える景色の中でのびのび育った京たんくろ和牛は噛めば噛むほど旨味を感じられる京丹後のブランド牛です。

この二つのブランド肉は、ともに京丹後市の道の駅 丹後王国「食のみやこ」でレストラン、BBQハウスを営業しており、園内でも大変人気のお店となっています。ここのお料理を目当てに来園するお客様も多くいらっしゃいます。

“「京丹波高原豚」と「京丹後牛」” の続きを読む

京丹後のブランド牛「京たんくろ和牛」

京丹後で丁寧に育てた自慢の「京たんくろ和牛」

丹後王国,丹後,食,通販,食のみやこ,京たんくろ牛


今回は京丹後で丁寧に育てられたブランド牛、京たんくろ和牛のご紹介です。

京たんくろ和牛は、短角牛を母に、黒毛和牛を父に持ち、旨味の強い赤身肉と口溶けのよいサシが特徴。海が見える景色の中びのび育った京たんくろ和牛は噛めば噛むほど旨味を感じられるお肉です。

“京丹後のブランド牛「京たんくろ和牛」” の続きを読む

クラフトビール 豆知識!&丹後王国「食のみやこ」自家製クラフトビールの特長★

案外知らないクラフトビール知識。
クラフトビールと地ビールって違うの?市販のビールとは何が違うの?
どんな味があるの?  ・・・様々な疑問にお答えします!

実は明確な定義がない”クラフトビール”と”地ビール”・・・

意外なことに実は明確な定義がない”クラフトビール“と”地ビール“。
もともと日本にあった地ビール文化に、アメリカでのクラフトビールブームが起こった今、クラフトビールという呼び名が広く呼ばれるようになりました。
アメリカでは「職人さん(クラフトマン)が熱意を持って作る」、という意味でクラフトビールと呼ばれるようになったようです。

クラフトビール、地ビールともに一般的には「小規模で地域に根付いて造られるビール」というのが条件として認識されています。市販のビールとの違いはこの点ということになりますね。

伝統的なスタイルを受け継ぎつつ、独自に進化してきた様々な種類のビール

ビールは製法やホップの量、種類などで幅広い種類に分類されています。
有名どころは軽く、すっきりしたピルスナー、フルーティーで女性にも人気なヴァイツェン、赤褐色でビール好きが好むお味のペールエール、がつんとした苦味が特徴のIPAではないでしょうか?

そしてこの中でもラガータイプエールタイプで分けれるのも有名なお話。
上記ではピルスナーがラガーペールエール、IPA、ヴァツェンがエールタイプになります。

大手ビールメーカーが作るビールは多くはラガータイプのピルスナースタイル。
ラガータイプは雑菌が繁殖しにくく製造管理がしやすいということで大量製造に向いてる製法となります。 
一方、エールタイプは昔からある製造製法で、クラフトビール/地ビールに多いのはこちらのスタイルです! 

丹後王国の京都丹後ビールでおすすめなのは・・・

通なクラフトビール好きな方は、丹後王国自慢の国際コンペ受賞セットをぜひお試し下さい!
内容:マイスター、ヴァイツェン、スモーク

市販のビールはよく飲む方の初めてのクラフトビールはこちらのラガー好きさんセットがおすすめです^^
内容:マイスター、ピルスナー、スモーク

先ほどご紹介したエールタイプの3本セットもご用意しております! 
内容:ロンドンエール、アンバーエール、ヴァイツェン

丹後王国「食のみやこ」自家製クラフトビールは、料理にも合う!

国際大会でも受賞経験がある職人が作る、丹後王国「食のみやこ」クラフトビール。
職人のこだわりで、お料理に合わせてクラフトビールをお楽しみいただけるように工夫して味を作っております!

例えばフルーティーでバナナの香りがする自家製クラフトビール ヴァイツェンは意外に思われるかもしれませんが辛口のカレーと合わせるのがおすすめ!丹後のお米を副原料に使っているマイスターはお米だけあって和食、焼き魚とよく合います。

是非クラフトビールといろんな料理で楽しんでくださいね♩ 

奥が深いクラフトビールの世界・・・。また豆知識をお届けします!

丹後クラフトビール「ヴァイツェン」銅賞受賞!! AIBA 2018 Best Wheat Beer(ドイツ風ホワイトビール)部門

オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワーズ 2018
—–銅賞受賞—–

「オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード(AIBA)とは」

“20年におよぶ歴史と世界でも最大規模、そして、世界的に認められた権威のある審査会”

オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワードは、1987年に国家競争として設立されました。

ヴィクトリア州農業協会(RASV)が主催する、クラフトビールとその醸造所がその素晴らしさを競う、アジア太平洋地域で最も大規模で名誉あるコンペティションのひとつ。

このコンペティションの特徴として、審査員にビールをよく知るブルワーを含む80名が、醸造技術に関する詳細なコメントが述べられます。

過去コンペ受賞3種の販売も開始しました!