長寿の街・京丹後の秘密に迫る

京丹後市は、長寿の街としても有名なのをご存知ですか?今回は「長寿」をキーワードに、元気なお年寄りが多く暮らす京丹後の魅力をご紹介します。

100歳越えの人口比率が全国平均3倍?!

京丹後市は京都府北部丹後半島に位置しています。そんな京丹後市が今、健康長寿の街として注目されています。

最大の特徴は、100歳以上の人口比率が全国平均の約3倍(※1)にもなることです。更に、男性長寿世界一としてギネス世界記録保持者の木村次郎右衛門さん(享年116歳)が生涯を過ごした街も、この京丹後なのです。現在、長寿の秘訣を探るプロジェクト「京丹後長寿コホート研究」が行われており、2017年~2032年を目処に、2000を超える項目について調査がなされています。

※1 京丹後市 健康長寿福祉部 長寿福祉課が公表

京丹後長寿コホート研究とは?

この研究は、全国都道府県の平均寿命において短命県である青森県が、長寿の街である京丹後市と一緒に長寿の理由を探すべくスタートした研究です。京都府立医科大学と京丹後市立弥栄病院の共同研究で、京丹後市に住む65歳以上の高齢者が対象です。アンケートや検診を中心に、2017年~2032年まで長期にわたって実施される予定です。

2000項目にも及ぶ調査内容には、職業、日常生活、運動能力、認知機能、食事、睡眠時間、遺伝的な調査などが盛り込まれています。また、長期にわたって調査することで具体的な長寿の秘訣を見つけようと、京丹後市民の協力を得ながら進んでいるプロジェクトです。

京丹後の健康長寿の特徴

京丹後の健康長寿の特徴は、いくつかあります。ひとつめは、血管年齢の若さです。なんと全国平均より10歳ほど若く、血管年齢の上昇も止まる傾向にあることが分かっています。ふたつめは、大腸がんの罹患率が低いことです。善玉菌を含む腸内細菌が京都市在住者と比べて多かったとの調査結果が出ています。これらは遺伝子によるものではなく、日常生活の習慣が大きく影響していると考えられています。例えば食べ物においては、大麦ご飯、玄米ご飯などの全粒穀物や、ひじき、わかめなどの発酵性食物繊維を含む食品がよく食べられていました。また、「ま(豆)・ご(ごま)・わ(わかめ)・や(野菜)・さ(魚)・し(しいたけ)・い(芋)」をバランス良く食べていると話す人が多いことも分かっています。

京丹後ならではの長寿の秘訣とは

現在までの調査では、食べ物や暮らし方、人との関わり方や健康への関心の高さが、長寿に繋がっているのではないかと言われています。具体的には、「個人的なことを話せる友人が多い」「男性の家事にかける時間が多い」「同居人数が少なく、自分のことは自分でやるということが習慣づいている」といった傾向があることが分かりました。地域の方に聞くと、「バランスよく何でも食べる」「人とよくしゃべる」「農作業などの運動を日常的に行っている」などの意見もあるようです。農作業をしている80歳代の方に「お元気ですね」と声を掛けると、「もっと元気な90歳がいますからね。」と返ってくることもあったといいます。周りの人たちに刺激を受けつつ、日々の暮らしの中での健康に対する意識の高さがうかがえますね。

長寿の街・京丹後においでやす

長寿の研究が行われるほど元気な街、京丹後。海や山の幸が豊富なこの街には、元気なお年寄りのパワーが溢れています。京丹後に来た際は、そんなところにも目を向けて楽しんでみてくださいね。

丹後の冬の味覚「間人(たいざ)がに」

皆様、新年明けましておめでとうございます。
2022年も、丹後の「食」をお届けしてまいります。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

さて、丹後地域の冬の味覚と言えば「かに」!

京都府から福井県、兵庫県、鳥取県、島根県と山陰から北陸にかけての日本海沿いはズワイガニの産地。特に、兵庫県の香住や福井県の越前は、ともに「香住がに」「越前がに」と名だたるブランド蟹の産地です。その中でも、京丹後市の間人(たいざ)は、幻と言われるほど希少な蟹「間人がに」の産地です。

毎年、11月6日に蟹漁が解禁。翌年3月20日までの約5ヶ月間、5隻の小型底曳網漁船のみで操業され、間人港の沖合近くにある間人蟹の漁場で、海上で停泊することなく日帰りで漁をします。この漁場には蟹の餌となる生物やプランクトンが豊富に生息し、とても良質な蟹が育つのだそうです。また、日帰り操業により漁獲物の鮮度が良く、生産者や流通業者厳しい選別によりブランド蟹として高い品質を保ち、皆様の元にお届けされます。

元より、小型漁船5隻と漁獲量が少なく限られる上に、日本海の冬の蟹漁は私たちの想像を超える厳しさの中行われます。12月から2月にかけての真冬には、海が荒れ漁のできる日が限られてしまい、よりその漁獲量は少なくなかなか手に入らないことから「幻の蟹」とも呼ばれます。

そんな「間人蟹」が、今季は非常に漁獲が少なく、例年になく高価になっています。仲買人さんからも「あまりに少なく、予算があっても手に入るかどうか運次第です・・・ね」とまで言われています。

そんな希少な「間人蟹」。今季、お手元に届けば幸運に恵まれるかもですね。

【ピルスナーとは?】世界で人気のビアスタイルの魅力をご紹介

ビールには様々な種類があります。
今回は、世界でもっとも多く飲まれているビアスタイル「ピルスナー」について。
ピルスナーの歴史や味の特徴、オススメのおつまみや美味しい飲み方など、様々な視点からその魅力をご紹介します。

世界で一番飲まれているビアスタイル
「ピルスナー」

ピルスナーは、ラガービールの代表格で、世界で最も飲まれている人気のビアスタイルです。

ホップの上品な香り・爽やかな味わい・爽快なキレが大きな特徴。
日本に流通するビールのほとんどがピルスナーに分類され、日常的にも馴染み深い味わいです。

元々は、1842年にチェコのピルゼンという街で誕生したピルスナー。
軟水が豊富なピルゼンで、下面発酵(低温で時間をかけてゆっくり行う発酵・貯蔵熟成法)によって製造されました。
それまで伝統的に作られていた、ワインのようにフルーティーで豊かな味わいのエールビールに対して、ゴクゴク飲んで喉越しを楽しむ新スタイルのピルスナーはたちまち人気となり、世界的に広まりました。
その味わいや製法は、高温多湿で軟水が豊富な日本にもマッチし、必然的に人気を獲得してきました。

ピルスナーの美味しい飲み方&おつまみ

爽快なキレや喉越しが特徴のピルスナーは、キンキンに冷やして飲むのがオススメです。
また、縦長でまっすぐなグラスに注ぐことで、グラスの底から立ち上がる泡や、輝く黄金色の美しさを楽しめます。
更に美味しく飲むために、とっておきのおつまみを3つご紹介します。

1.がっつり飲みたい時は「ソーセージ&ポテト」

パリッと焼いたジューシーなソーセージは、爽やかなピルスナーと相性抜群。
ピルスナーのさっぱりした味わいが、ソーセージの脂っこさを洗い流し、食欲を促進させてくれます。
塩気の効いた定番のポテトも添えて、ガッツリと!昼も夜も楽しめますよ。

2.さっぱり軽やかな気分にオススメの「ピクルス」

こってりではなく、サッパリ飲みたい気分の日は、ピクルスがおすすめです。
自宅で常備菜のように作っておけば日持ちもして便利なピクルス。
軽やかな気分で飲みたい時にオススメです。
粒コショウやトウガラシを入れて漬け込むと、味にアクセントがついてより美味しくなりますよ!
お好みでスイートチリソースに付けて食べるのもオススメです。

3.辛い刺激が欲しい時は
「キムチ&スパイシースナック」

辛いおつまみとピルスナーもよく合います。
お気に入りのキムチや、スパイシーなスナックの辛さを楽しみながら、ピルスナーで辛さを中和させれば、お酒が進むこと間違いなしです!

おすすめ!
京都丹後クラフトビール【ピルスナー】をご紹介

近年、ひとつのムーブメントになりつつあるクラフトビール。全国津々浦々の醸造所で作られるクラフトビールの中から、今回は「京都丹後クラフトビール」のピルスナーをご紹介します。

ビールが作られている『丹後王国「食のみやこ」』は、西日本最大級の道の駅です。京都府最北端に位置し、海の京都として知られる丹後地域。この地域に語り継がれる伝説の七姫が艶やかにラベルを彩るクラフトビールが、「京都丹後クラフトビール」です。

ビールを醸造する職人は、約20年にわたってクラフトビールづくりに関わる実力派。個性的な7つの味わいの中で、今回ご紹介するピルスナーはボヘミアンスタイルという製法で作られました。ボヘミアンスタイルで作られたピルスナーは、上品な香りと爽快な喉越しが特徴。苦みは控えめに、香りとまろやかさが特徴的な仕上がりになっています。

お洒落なラベルデザインで、お土産にもオススメ

ビール瓶のラベルには、丹後七姫が描かれています。
丹後七姫とは、丹後地方の伝承に登場する代表的な7人の姫君のこと。
ひとつひとつの瓶に異なる姫君が描かれていますが、ピルスナーの瓶に描かれているのは「羽衣天女(はごろもてんにょ)」です。
確かな味わいにラベルデザインの可愛さが加わり、男女問わず人気の高い商品です。
また、丹後地域を代表するお土産としてもオススメ。
7本セットは、お中元やお歳暮、ギフトとしても最適です。

こだわりが詰まったクラフトビールを楽しんで

今回は、ピルスナーの特徴や、美味しい飲み方、おすすめの商品などをご紹介しました。
世界的な人気を博すピルスナー。
それぞれの醸造所がもつこだわりは、確かな味の違いとして表れ、私たちの舌を楽しませてくれます。
日々頑張る自分へのご褒美に、ビール好きの方へのお土産用に、是非お試しください。

丹後王国クラフトビールのお買い求めは ↓ から!

丹後の海鮮おばんざい

皆様こんにちわ。秋も深まり、紅葉が綺麗な季節。そろそろ、ホッと温まる熱燗はいかがですか。そして、晩酌におすすめ「丹後の海鮮おばんざい」。

海の京都 丹後地域は、京都府の最北部に位置し、府内で唯一海に面する海産物の産地です。近隣は、山陰 兵庫県香住や城崎、北陸 福井県越前など、日本海の幸豊かな漁場が連なる地域です。特に、京丹後市 間人(たいざ)、兵庫県 香住、福井県 越前は冬の味覚「松葉蟹」の産地として知られるところで、この地域のブランド蟹は、多くのファンを楽しませています。

そんな丹後から今回ご紹介するのは、京都府宮津市で水産卸を営む株式会社山一水産様の「海鮮おばんざい」。

間人蟹と山一水産様

丹後地域の鮮魚を豊富に扱うベテランがつくるからこそのお味は、酒の肴によし、ご飯のお供にもオススメの逸品です。

山一水産様「海鮮おばんざい」
  • ■どんぶりで食べたい!ぶりっこ漬け
    内容量:100g 価格:918円(税込)
  • ■甘えび旨塩漬け
    内容量:100g 価格:918円(税込)
  • ■-yamaichi smoke- 「真だこ」
    内容量:100g 価格:810円(税込)
■「真たこ」燻製 ■ぶりっこ漬け(写真上左/右)■甘えび旨塩漬け■九条ねぎ味噌(写真下左/右)

「真だこ」燻製はスモーキーな薫香がお酒にもよく、「ぶりっこ漬け」「甘えび旨塩漬け」はともにご飯にもおすすめです。当店スタッフも酒の肴や丼にして楽しんだり、「甘えび旨塩漬け」でパスタ ペペロンチーノを作ったりしています。また、九条ねぎ味噌は野菜のディップにもおすすめ!

「丹後の海鮮おばんざい」と「丹後の新鮮野菜」で、楽しいひと時はいかがでしょうか。

お買い求めはこちらから!丹後の「食」をお楽しみ下さい↓↓↓

丹後王国産ホップのクラフトビール

皆様こんにちわ。当通販サイト【丹後王国こだわり市場】を運営する(株)丹後王国ブルワリーは、社名の通り自社のブルワリーでクラフトビールをつくるマイクロブルワリーです。その所在地は、西日本最大級の道の駅 丹後王国「食のみやこ」内です。西日本最大級と言うだけあって園としての敷地は甲子園球場約8個分の広さになり、園の成り立ちが元々「農業公園」という事もあり、園内にはブルーベリーやサツマイモの収穫体験ができる体験農・果樹園があります。そして、その一角でホップを栽培しています。

ホップはビールの原材料として、ビールの特徴となる苦味や香りを生み出し、殺菌効果があるものです。日本では岩手県遠野が栽培地としては有名で、産地としても栽培に適している地域は通常、東北地方などの寒い地方といわれています。大手ビールメーカーからも様々な遠野産ホップビールが発売されているので、ビール好きな方にはお馴染みではないでしょうか。

そんなホップですが、数年前から京都丹後地域の与謝野町で栽培が始まり、最近では日本でも屈指のホップ栽培地へと歩んでいます。そして、ホップ栽培の地域としては非常に南に位置することから早く収穫ができ、7月に収穫したホップをそのまま真夏の市場へ出すことができ、真夏にフレッシュホップの新ビールが味わえる「北半球最速」とも言われているそうです。

通常、ビールの製造にはペレットホップと呼ばれる、ホップを粉砕してタブレット状に圧縮したホップを使用します。

ペレットホップは乾燥した状態で保存性に優れ、不要な部分を除去済なので安定した風味が得られることから、現在のクラフトビール作りでも主流となっています。

しかし、乾燥の過程でビールに風味を与える元となるルプリンを落としてしまうそうです。

フレッシュなホップの毬花を割ってみると黄色い粒々が現れます。それが「ルプリン」です。乾燥の過程で落ちてしまい、香りもフレッシュなものに比べて弱くなるそうです。やはり、風味の鮮烈さでは、収穫したホップを直ぐに冷凍して真空パックした「生ホップ」や摘みたて「フレッシュホップ」の方が楽しめます。

今年の8月に発売を開始した「TK-100」シリーズの第一弾は、ホップに冷凍真空パックした「京都丹後 与謝野町産生ホップ100%」を使用したセッションIPAスタイルのビールです。

そして、園内で収穫した朝摘みのホップを仕込んだんクラフトビールが間もなく発売予定です。

フレッシュホップを使用したクラフトビールの醸造には、そのホップの鮮度が大変重要になります。ブルワーも「収穫から24時間以内に下処理から処理、仕込を終える必要がある!」と言います。その為、ブルワリーとホップの栽培場所が直ぐにある地の利を活かした、とても特別なビールです。

まだまだ、ホップの収量も少なく作れるスタイルも数量も限られますが、フレッシュホップでの醸造を本格的に成功させた意欲作です!

皆様のお手元へお届けできるその時はもう間もなくです。(2021年11月25日発売)どうぞ、TANGO KINGDOM Beer(r)のフレッシュホップビールをお楽しみください。

お買い求めはこちらから↓↓↓

FAUCHON「La Délicieuse」9/1発売開始

フランスの美食ブランド「フォション」が1900年代前半に製造・販売していたクラフトビール を復刻させた「 La Délicieuse ラ・デリシューズ 」 。9月1日発売開始!

■La Délicieuse=「美味」■

130 年以上の歴史を持ち、世界の食通を魅了し続けているフランスの美食ブランド「FAUCHON (フォション)」とともに開発した クラフトビール「La Délicieuse (ラ・デリシューズ )」。日本語で「美味」を意味します。

■ホップのフルーティーさと丹後産のビーツを使用した色味が特徴■

フォションが1900年代前半に製造・販売していたクラフトビールの復刻を目指して開発した「La Délicieuse (ラ・デリシューズ)」は、フォションが日本で初めて販売するオリジナルのクラフトビールです。芳醇な味わいが特徴の「エールビール」というビアスタイルで、ホップのフルーティーさと 丹後産のビーツを使用した 色味が特徴。アルコール度数が5% とすっきりとした味わいで飲みやすく、老若男女問わず幅広い層が楽しめる仕上がりです。

「 La Délicieuse ラ・デリシューズ 」お買い物はこちらから
>>丹後王国こだわり市場

「京丹波高原豚」と「京丹後牛」

ブランド肉

夏のお肉料理!
旨味が自慢のブランド肉はいかがですか。

丹後王国こだわり市場でも人気のブランド肉
「京丹波高原豚」と「京丹後牛」。

「京丹波高原豚」は京都府南丹市にある日吉ファームが育てる京のブランド豚肉。良質の三元豚を環境や飼料の創意工夫で、西日本豚枝肉コンクールにて最高位である名誉賞(農水大臣賞)を2年連続で受賞するなど、その旨味は全国に認められています。

「京丹後牛」は、京丹後で育てられた和牛。特に「京たんくろ和牛」は、短角牛を母に、黒毛和牛を父に持ち、旨味の強い赤身肉と口溶けのよいサシが特徴。海が見える景色の中でのびのび育った京たんくろ和牛は噛めば噛むほど旨味を感じられる京丹後のブランド牛です。

この二つのブランド肉は、ともに京丹後市の道の駅 丹後王国「食のみやこ」でレストラン、BBQハウスを営業しており、園内でも大変人気のお店となっています。ここのお料理を目当てに来園するお客様も多くいらっしゃいます。

“「京丹波高原豚」と「京丹後牛」” の続きを読む

丹後王国こだわり市場 リニューアル

丹後王国こだわり市場が、スマホでもご利用しやすくリニューアルオープン!

リニューアルしたトップページ!

いつもご利用くださいまして誠にありがとうございます。

丹後王国こだわり市場は、より商品を探しやすく、ご利用しやすくなるべくリニューアルを行いました!!

(一部リンク切れ等お見苦しい所があるやもしれませんが、随時修正を行っております…!)

丹後の魅力を発信するとともに、皆様に楽しくお買い物頂けますよう邁進してまいります!!

2021年 夏の贈り物!
お中元キャンペーン!

夏の贈り物!夏にうれしい、産直果物やクラフトビールのおすすめご贈答セット。期間限定の特別送料でお届けします。

2021年夏の贈り物!お中元キャンペーン!!!

丹後地域は、西日本最多で食味ランキング最高位の「特A」を獲得している丹後コシヒカリの産地であり、「日本の稲作発祥の地」といわれる米どころです。京丹後の水や土などの環境と生産者様の情熱が美味しいお米を実らせる秘訣の様です。また、稲作だけでなく様々な野菜や果物の産地でもあり、お米と同様に美味しい作物が沢山あります。お米や野菜、果物のお話はまたの機会に。

今回は、そんな丹後の「食」をお届けする、丹後王国こだわり市場から「夏の贈り物!お中元キャンペーン 」のご案内です。各種ご贈答におすすめのギフトセットと、期間特別送料で日頃の感謝をお届けします!

“2021年 夏の贈り物!
お中元キャンペーン!” の
続きを読む

京丹後のブランド牛「京たんくろ和牛」

京丹後で丁寧に育てた自慢の「京たんくろ和牛」

丹後王国,丹後,食,通販,食のみやこ,京たんくろ牛


今回は京丹後で丁寧に育てられたブランド牛、京たんくろ和牛のご紹介です。

京たんくろ和牛は、短角牛を母に、黒毛和牛を父に持ち、旨味の強い赤身肉と口溶けのよいサシが特徴。海が見える景色の中びのび育った京たんくろ和牛は噛めば噛むほど旨味を感じられるお肉です。

“京丹後のブランド牛「京たんくろ和牛」” の続きを読む