丹後のお米とは?

丹後コシヒカリは、日本穀物検定協会による米の食味ランキングで最高ランクの「特A」を、
西日本では最多となる通算12回も獲得しています。

コシヒカリは、食べた時の甘み、旨み、粘りのバランスが良く、日本の食事によく合うと
言われています。
その中でも、丹後コシヒカリは味のあるお米が多く、冷めても美味しいため、お弁当や
おにぎりにもぴったりです。流通量に限りがあり、そのほとんどが近畿地方で消費される
ため、隠れた米どころとして密かに知られています。

京都の料亭では、新潟産よりも京都丹後のお米を使用していることが多いそうです。

丹後のお米が美味しい理由

一般的に「米どころ」と言われる北陸、新潟以北の地域で生産されるお米は、気候や乾燥方法の
違いから水分の多い「軟質米」と呼ばれ、それ以外の地域で作られるお米は「硬質米」として
区別されていました。(現在では、公式には区別はありません)
丹後地方は軟質米地帯と硬質米地帯の接点にあたり、両方の良さを併せ持つ丹後地方独特の
コシヒカリを生み出したのです。

また、丹後地方は水が豊富で、雨も多く、その水を蓄える山々が町のすぐそばにあることから、
全国的に水不足の年でも、水不足に悩まされることなく水田で稲を育てることができました。
ここに、気温差の激しい気候もプラスに働き、丹後の米作りは発達してきました。

丹後のお米の歴史

丹後のお米の歴史は古く、京都丹後市にある
「月の輪田」という田では、五穀豊穣の神である
豊受大神が稲を植え、日本の稲作文化を開いたと
言われています。

また、大和朝廷に米を献上したという歴史も
残っており、古来より米どころとして栄えてきた
ことが伺えます。

ラインナップ

ギフトにもおすすめ ギフトにもおすすめ

専用の贈答箱もございますのでお中元、
お歳暮、ギフトにもおすすめです。
京丹後のネギで作ったお米に合う
ネギ味噌セットなども!

詳しくはこちら
表示切替: 並び順: 在庫:
6件中1件~6件を表示
6件中1件~6件を表示

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※年末年始は営業日でも野菜など一部商品の発送がお受けできません。ご了承くださいませ。



金・土・日・祝に頂きましたご注文は基本的に月曜日または翌営業日以降の発送となります。
銀行振込・コンビニ決済は入金確認後の発送となっております。銀行振込の確認は土日祝に行う事が出来ませんので翌営業日以降の確認・発送となります。

ページトップへ